夏こそバストケアが大切?正しい方法で暑い夏を乗り切ろう!

こんにちは、あんなです。あなたはが好きですか?

夏と言えば海、プール、そして薄着の季節!

バストに自信がない女子にとっては、ちょっと気が重くなるかもしれません。そのお気持ち、とってもよく分かります。

それに暑いと何もしたくないですよね。バストケアもついつい手抜きになってしまいます。

大丈夫です。これから誰にでも簡単にできるバストケア方法をご紹介します。さぁ、ラクに楽しく美しいバストを手に入れ、暑い夏を乗り切りましょう。

どうして夏のバストケアが大切なの?

夏が近づくにつれて、こんなことしていませんか?

  • ヌーブラで過ごす
  • カップ付きインナーで過ごす
  • 保湿は適当にしてしまう
  • 過度なダイエットをしてしまう

夏にありがちな行動ですよね。ですが、これらはバストの老化を早める原因になるんです。

みどり
バストの老化・・・ですか・・・!

20代から少しずつ始まっていると言われるバストの老化。

「夏だし暑いから、ま、いっか!」となんとなく過ごしているうちに、バストの老化が進んでしまったら悲しすぎます。

夏こそ自分のバストに自信を持って、薄着でも堂々と外出をしたいですよね。

あんな
夏にできるバストケア方法でバストの老化を防ぎましょう♪

夏にできるバストケア方法とは?

【夏にできるバストケア方法】①自分に合ったブラジャー

薄着になると肩紐が気になりヌーブラを使ったり、ラクだからとついついカップ付きインナーを使ってしまいますよね。

外出中や家でのリラックスタイムだけならまだいいのですが、一日中となると要注意です。

ホールド力の弱いブラを着け続けることで、バストの位置が下がったり、二の腕や背中にお肉がどんどん逃げて行きバストの形が崩れていってしまいます。

自分に合った適正なブラジャーを着けることは、美しいバストをキープする上で最も重要なことなのです。

汗の対策として、素材は通気性のいいもので強く締め付けすぎないものを選びましょう。

あんな
デザインにもこだわると、肩紐が見えても平気ですよね♪

育乳ナイトブラを楽天でお得にゲット!あなたのお好みはどれですか?

2021年1月18日

【夏にできるバストケア方法】②保湿する

バストの老化を防ぐためにお肌のケアは大切です。

「夏は汗をかくから保湿はしなくていい」と思う女子も多いですが、汗をかいている状態は決して保湿できているというわけではありません。

むしろ、その汗がかわいたときお肌は乾燥していくんです!

とはいえ、しっとりタイプのクリームはベタついてちょっと嫌ですよね。

暑い夏はジェル状のものや、仕上がりの軽いさらっとしたクリームを使用してみましょう。

バストだけでなく、首やデコルテといったバストに繋がる部分も一緒にケアするとより効果的です。

首周りのお肌って特に年齢を感じやすいので、ぜひバストと一緒にケアしてしまいましょう。好きな香りのものを使うと、楽しくケアできておすすめです。

あんな
「おっぱいまでが顔」っていう田中みな実さんの名言がありましたね

【夏にできるバストケア方法】③たっぷりと睡眠をとる

夏は暑さで夜眠るのが遅くなったり、寝不足で朝寝坊してしまったりしますよね。

バストアップのためには睡眠時間も重要です。

ゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時までの時間を含めて、たっぷりと睡眠をとるようにしましょう。

暑い夏にたっぷりと睡眠をとるために、エアコンも上手に利用しましょう。

冷やしすぎもNGなので、27~28℃に温度を設定し、直接身体に風が当たらないように工夫しましょう。

育乳に睡眠は絶対ハズせません!その理由と4つのステップとは?!

2020年7月6日

また、ナイトブラを使用して寝ている間もバストを正しい位置にホールドしておくことも大切です。

ナイトブラの大切さについてはこちらの記事をどうぞ↓

ナイトブラに育乳効果はある?ない?ナイトブラのホントのところ

2022年2月9日

【夏にできるバストケア方法】④ヨガで夏バテ予防と正しい姿勢をゲット

暑い夏は自律神経が乱れがちになります。

ヨガは呼吸や自律神経を整えたり、血流を良くする効果があります。

また、正しい姿勢を身につけるためにもオススメです。

普段から猫背の人は大胸筋が衰え、バスト下垂の原因になります。

バスト周辺の血行を良くするためにも、正しい姿勢を心がけましょう。

正しい姿勢は、バストが上がって見えてスタイルも良く見えます。背筋がのびて姿勢の良い女子って、ステキですよね。

ヨガを通じて、呼吸や身体の歪みを整え、バストだけでなく全身キレイを目指しましょう。

育乳はヨガでも簡単にできます!9つのポーズを動画で解説します

2020年7月2日

【夏にできるバストケア方法】⑤ぬるめのお湯で身体を温める

夏はついつい湯船にはつからず、シャワーで簡単に済ませてしまいますよね。

バストアップするには女性ホルモンの働きが欠かせません。

血行が悪いと女性ホルモンがバストに届きにくくなるので、夏でもぬるめのお湯にゆっくり入って身体を温めるようにしましょう。

20分程度37~39℃くらいのお湯で半身浴をするのがオススメです。

芯から身体を温めてリラックスすることができますよ。

夏こそ気をつけて!バストアップするための食事とは?

無理なダイエットをすると健康や女性ホルモンの分泌にも悪影響が出てしまいます。

夏でも、いえ、バテやすい夏だからこそ、しっかりと食事はとるようにしましょう。

「これを食べたら胸が大きくなります!」という夢のような食べ物は残念ながらありません。

ですが、バストアップをサポートしてくれる栄養素を摂ることはできます。

その栄養素とは何か、どんな食材に含まれているのかを知って上手に食事に取り入れましょう。

<バストアップをサポートする代表的な栄養素>

栄養素 食材 働き
大豆イソフラボン
  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳など
  • 女性ホルモンと似た働きをする
ビタミン類
  • 野菜
  • 果物
  • 魚介類など
  • 血行を良くする
  • 老化を防ぐ
  • ハリのあるお肌をサポート
ボロン(ミネラルの一種)
  • キャベツ
  • りんご
  • アーモンド
  • エストロゲンの分泌を促す
  • 熱に弱い性質がある

バストアップに豆腐が効果的って本当!?その理由について徹底解説!

2021年7月7日

バストアップしたいなら魚を食べないと大損だって知っていますか?!

2020年11月10日

キャベツでズルいくらいにバストアップしそうな噂の口コミ徹底検証!

2021年8月26日

まとめ

  • 夏のケアはバストの老化を防ぐためにも大切
  • 夏は通気性のいいブラジャーで適正サイズを選ぶ
  • 仕上がりの軽いジェルなどでしっかりと保湿をする
  • エアコンを上手く利用してたっぷりと睡眠をとる
  • 自律神経を整え正しい姿勢でバストアップを目指す
  • ぬるめのお湯で半身浴をして血行を良くする
  • 過度なダイエットをせず規則正しい食事をとる

バストの老化を防ぐには毎日のバストケアを続けていくことが大切です。美しいバストになれたら、自分に自信を持てるようにもなりますよね。

夏を思いっきり楽しむために、自分のバストに愛情を持って夏だからこそしっかりとケアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。