30代にはすでに!?バストの垂れを防止するにはどんな方法が?

「最近、胸が垂れてきたせいか服を着こなせない・・・」「これと言って心当たりがないけど胸の形が…」なんてお悩みを持っている女性、特に30代の方に多いのではないでしょうか?

かくいう私も30代に差し掛かる頃、バストの形に変化を感じて「いささかバストの垂れを防止する必要がある!」と強く思いました。

加齢とともに変化するバストは、適切なケアをしないと、気付かないうちにどんどん形が崩れていってしまいます。

ですが、まだ間に合います!しっかりとケアして大切なバストを守っていきましょう。

【30代】バストが垂れる原因とは?

加齢とともに始まるバストの変化。30代から始まると思う方が多いですが、実は20代の頃から始まっているのです!

目に見えてわかるようになるのが30代というわけです。

【30代】バストが垂れる原因①クーパー靭帯への負担

バストは、

  • 大胸筋
  • 乳腺
  • 脂肪
  • クーパー靭帯

で構成されています。乳腺と脂肪を支えているのが、クーパー靭帯です。

この支えとなるクーパー靭帯が伸びたり、切れてしまうことでバストが垂れるようになります。

そして、クーパー靭帯は揺れに弱いです。バストが上下に激しく揺れる運動を日頃から行っていると、バストが垂れやすくなります。例えばジョギングや縄跳びなどがあります。

激しい運動を行う場合は、必ずサポート力のあるスポーツブラを着けてバストを揺れから守りましょう。

【30代】バストが垂れる原因②ホルモンバランスの変化

加齢とともにホルモンバランスが減ることでバストが垂れやすくなってきます。特に女性ホルモンの中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減ることが大きな問題です。

この女性ホルモンというのは女性らしい体をつくる上でとても重要です。

女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が減ることで、バストのハリが失われてしまうのです。

加齢だけではありません。普段の生活で、

  • 睡眠不足
  • 栄養の偏り
  • ストレス

などの影響でもホルモンバランスが崩れやすくなります。心当たりがある人は、できることから気をつけましょう。

良質な睡眠をとるためには【コツ】があります。

育乳に睡眠は絶対ハズせません!その理由と4つのステップとは?!

2020年7月6日

【30代】バストが垂れる原因③リンパや血液の流れが悪い

コロナ禍でテレワークも増え、椅子に座る時間が長くなりましたね。そのため、パソコンの画面と1日中にらめっこ!という方も多いと思います。

ずっと同じ姿勢でいるとリンパや血液の循環が悪くなってしまいます。そうすると、バストの成長に必要な栄養素を送り込むことができなくなります。

また、栄養だけではありません。同じ姿勢で猫背になると、バストの土台となる大胸筋の筋力も弱くなってしまいます。

血液の循環と、バストの土台となる大胸筋を鍛えるためにも、適度な運動を取り入れましょう。

バストアップ方法の運動で効果的なものが知りたい!動画付きで解説!

2020年7月20日

【30代】バストが垂れる原因④ブラジャーのサイズが合っていない

ブラジャーは靴と同じで、自分のサイズよりも大きすぎても小さすぎてもダメです!

  • ブラが大きいと胸がラク
  • 小さいブラだと谷間が出来てラッキー
  • ブラのサイズはあまり気にしない

なんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、全て大きな間違いです!

ブラジャーが大きすぎると【バストを支えて持ち上げる】というブラジャー本来の効果がなくなります。その結果、バストが支えを失い、垂れる原因へとつながってしまうのです。

また、ブラジャーが小さすぎると胸を締めすぎてしまいます。そうすると、大切なクーパー靭帯を傷つけてしまいます。どちらにしても胸が垂れやすくなってしまいます。

必ずサイズを測り、自分に合ったブラジャーをつけるようにしましょう。

店員さんに測ってもらわなくても、自分で正確にバストサイズを測る方法をご紹介しています。

こんなバストアップ方法は危険?!口コミから見えてきた真実とは?!

2021年2月25日

30代バストの垂れを防止する方法①大胸筋を鍛える

大胸筋を鍛えることは、

  • バストの垂れ防止
  • 視覚的なバストアップ
  • 代謝を上げる

などの嬉しい効果が期待できます。

大胸筋はバストを支える土台なので、根本が「しっかりしている」か「しっかりしていない」かでバストの垂れるスピードは大きく変わってきます。

また、代謝が上がると血流が良くなりバストに栄養が行き届きやすくなります。余分な脂肪も燃えやすくなるので、取り入れない手はないですね。

簡単なバストアップ方法は筋トレだった!楽なのに差がつく方法とは?

2021年2月13日

30代バストの垂れを防止する方法②姿勢を良くする

最近は、デスクワークやテレワークなどで自然と猫背になっていることが多いのではないのでしょうか?

猫背で姿勢が悪くなるとバストが垂れてくるだけではありません。首のコリ偏頭痛も起きやすくなるので、姿勢は良くしていきたいところです。

背筋をピン!っと伸ばし姿勢を良くしていきましょう。バストの位置が上がり、体が一直線になることで呼吸機能も上昇しますよ。

呼吸機能が上昇することで体中に酸素が運ばれやすくなり、血液の循環も良くなるのでバストに栄養が届きやすくなります。

姿勢を良くすることは、メリットだらけなのです。

30代バストの垂れを防止する方法③ナイトブラを着用する

今回の方法で、個人的に一番オススメしたいのがナイトブラの着用です。

あなたは、夜、ナイトブラを着けて寝ていますか?

もちろん自分のバストサイズに合ったナイトブラを着用するのが大前提です。ナイトブラは、やさしく胸を包み込んでくれて、かつ締め付けすぎないように設計されています。

ナイトブラを着用するメリットは、クーパー靭帯を守りながら快適な睡眠ができる点です。

ナイトブラはバストを支える布面積が大きいため、寝ている間もバストが上下に揺れるのを防いでくれます。

最近は機能面やデザイン性、生地へのこだわりなどいろいろな種類がありますので、お好みのナイトブラを選ぶのも楽しいですよ♪

どのナイトブラがいいか迷ってしまう方は、こちらの記事をどうぞ。

育乳ナイトブラを楽天でお得にゲット!あなたのお好みはどれですか?

2021年1月18日

ナイトブラのオススメはこちら↓

まとめ

  • バストが垂れる原因は4つある
  • 大胸筋を適度に鍛えて、垂れ防止だけでなく代謝もアップ
  • 姿勢を良くして、バスト位置アップ呼吸機能もアップ
  • ナイトブラを着けて、やさしくバストを守り快適な睡眠をゲット

形の整ったキレイなバストをいつまでも保つ方法をご紹介してきました。どれも簡単かつ誰でもできることなので長く続けることができると思いますよ♪

バストの垂れを防いでいつまでもキレイで美しい女性であることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です